相続税の計算方法

相続税は以下の計算式で計算することができます。

「相続税額=(遺産総額(1)—基礎控除額(2))☓相続税率(3)—税額控除」

では、それぞれの項目について見てみましょう。

(1)遺産総額

遺産総額とは、遺産として受け取る全ての資産を指します。以下の計算式にて計算することができます。
「遺産総額=プラスの財産①—(非課税資産②+マイナスの資産③+葬儀費用④)」
では、項目を順番に見て行きましょう。

①プラスの資産

プラスの資産とは、現金、不動産、株式、生命保険などの価値のある資産のことを言います。例えば、土地の資産価値であれば、積算価格にて算出することができます。

②非課税資産

非課税資産とは、言葉の通り相続しても課税されない資産のこと言います。大きく以下のような資産が挙げられます。

・墓地、仏壇など日常礼拝をしているもの
・宗教などで公益な目的とする事業に使われたもの
・生命保険金のうち「500万円☓法定相続人」までの金額
など。

非課税資産について詳しくは、国税庁の「相続税がかからない財産」
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4108.htmをご参照ください。

③マイナスの資産

マイナスの資産とは、借入金や未払金などの負債資産のことを言います。例えば、融資による購入した不動産を相続した場合、その借入金がマイナスの資産になります。

④葬儀費用など控除できる債務

葬儀費用などの債務は、相続税を計算するときは遺産総額から差し引くことができます。なお、控除できる債務については詳しくは、国税庁の「相続財産から控除できる債務」
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4126.htmをご参照ください。

(2)基礎控除額

①そもそも基礎控除額とは

そもそも基礎控除とはなんでしょう。相続税は相続した財産が一定額を超えた場合に初めて発生します。基礎控除額はその一定額のことを言います。

②基礎控除額の計算方法

基礎控除額は以下の計算式にて計算することができます。
「基礎控除額=3,000万円+600万円☓相続人数」
例えば、相続人数が2人の場合、基礎控除額は「4,200万円」になります。

(3)相続税率

相続税の課税額に応じて、税率が変わります。
相続税の税率については、詳しく国税庁の「相続税の税率」
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htmをご参照ください。


お気軽にご相談・お問い合わせください 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00 無料相談の詳細はこちら
ご相談は無料 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00
無料相談の詳細はこちら
  • 料金表 Price
  • 事務所案内 AboutUs
  • 専門家紹介 Expert
  • お客様の声 CustomerVoice
PAGE TOP