亡くなった父の財産の中に、子供名義の預貯金通帳がありました。 正直なところ本人たちはその通帳や預金の存在を把握しておりませんでした。 これは、相続財産とみなされて相続税の対象になるのでしょうか?

子供本人が存在を知らない預貯金口座についてですが、親が子供に内緒で積立をしているというケースは少なくありません。

もしも子供名義の口座が見つかった場合には、実際の管理状況や本人の認識状況を総合的に考慮します。

もしもその子供名義の預貯金口座を相続人が所有していたと考えられる場合には、預貯金口座は相続財産として相続税の対象となります。

Q&Aの最新記事

お気軽にご相談・お問い合わせください 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00 無料相談の詳細はこちら
ご相談は無料 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00
無料相談の詳細はこちら
  • 料金表 Price
  • 事務所案内 AboutUs
  • 専門家紹介 Expert
  • お客様の声 CustomerVoice
PAGE TOP