私は小さい頃から川越に住む叔母の家によく行っていました。 叔母には子供がおらず、近年は私が全ての面倒をみてあげていました。 私は相続人にはならないためか、常日頃から私や周りの兄弟・親戚に、全財産を私にくれると話してくれていました。 遺言書等はありませんが、これは有効なものでしょうか?

遺言は口頭のものは認められません。

ですが、死因贈与契約については口頭でも有効となります。

死因贈与は、お互いの合意の上に契約が成立しているものなので、遺贈と違って『放棄』できないことがデメリットになります。

ですが、贈与者が亡くなってすぐに効力を発揮する事や、相続人ではない特定の人に受け取って欲しい財産がある場合、口約束でもかまわないことから非常に有効な手段であると言えるのではないでしょうか。

お知らせの最新記事

お気軽にご相談・お問い合わせください 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00 無料相談の詳細はこちら
ご相談は無料 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00
無料相談の詳細はこちら
  • 料金表 Price
  • 事務所案内 AboutUs
  • 専門家紹介 Expert
  • お客様の声 CustomerVoice
PAGE TOP