昭和53年1月に亡くなった父親の相続手続きを、かなり時が経過していますが今から行うことになりました。 手続きにあたり、父には川越市とさいたま市にあるアパートから常に家賃収入があることが発覚しました。 遺産分割協議が成立するまでの間のそれぞれの家賃収入は、法定相続分にしたがって母が1/2、子供2人が1/4ずつの計算で間違いないですか?

相続手続きが未了の場合、被相続人が亡くなったときの民法が摘要となりますので注意が必要です。
被相続人の死亡日が昭和22年5月3日~昭和55年12月31日の場合、法定相続分の割合は配偶者が1/3、子供は全員で2/3となりますのでその割合で計算をしてください。

お知らせの最新記事

お気軽にご相談・お問い合わせください 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00 無料相談の詳細はこちら
ご相談は無料 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00
無料相談の詳細はこちら
  • 料金表 Price
  • 事務所案内 AboutUs
  • 専門家紹介 Expert
  • お客様の声 CustomerVoice
PAGE TOP