先日私の息子が他界しました。息子には配偶者も子供もいませんでした。 息子には生命保険の契約があり、この保険料の払込は息子本人がしていました。 死亡保険金の受取人は私の娘であり、他界した息子の妹になります。 息子の相続人ではない娘が受け取る保険金は、相続税の生命保険金の非課税の適用対象となりますか?

相続税が課税されるのは、被保険者と保険料を払い込んだ人が同じ人の場合になります。

被相続人である息子さん本人が保険料を負担していますので、息子さんの死亡によって妹さんが得た生命保険金は、相続税の課税の対象になります。

死亡保険金の受取人が相続人である場合は、500万円×法定相続人の数の非課税限度枠があります。

今回のケースでは、保険金を受け取った妹さんは相続人ではないので、相続税の生命保険金の非課税の適用を受けることはできません。

Q&Aの最新記事

お気軽にご相談・お問い合わせください 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00 無料相談の詳細はこちら
ご相談は無料 0800-800-9884 受付時間9:00~21:00
無料相談の詳細はこちら
  • 料金表 Price
  • 事務所案内 AboutUs
  • 専門家紹介 Expert
  • お客様の声 CustomerVoice
PAGE TOP